エリア紹介-キングストン(1)
ジャマイカ写真
エリア紹介


 レゲエ・ミュージックのふるさととして知られるジャマイカの首都キングストン。

 イギリスの植民地時代から発展し、現在では約75万人もの人口を抱える大都市である。

 海外から来るビジネス客の多くはキングストンに滞在する。

 町はニュー・キングストンと呼ばれるアップタウンと海に近いダウンタウンに分かれていて、ツーリスト向けの施設の多くは比較的治安のよいアップタウンに集まっている。

 ダウンタウンにはマーケットや露店が多く活気があり、ジャマイカ市民の生活を知ることができるが、周辺の一部にはスラム街をはじめ、治安の悪い地域も存在する。

 モンテゴ・ベイやオーチョ・リオスに比べてリゾートとしての魅力は少ないが、市内にはレゲエの神様、ボブ・マーリーの博物館や国立美術館、町の背景にはブルー・マウンテン・コーヒーの名で有名な標高2000mのブルー・マウンテンがそびえるなど、ジャマイカらしい風景の多い首都である。

ジャマイカ写真



ジャマイカ個人旅行HOME

Copyright(C) 2009〜
ジャマイカ個人旅行情報

エリア紹介-キングストン(1)