旅知識:レゲエ(2)-キングストン(2)
ジャマイカ写真
旅知識:レゲエ(2)


 80年前後には、クラッシュ、ポリス、スペシャルズ、UB40、スティービー・ワンダーなどがスカやレゲエに接近した。また、レゲエのカラオケを加工した「ダブ」をつかってしゃべりつづけるラガマフィン/ダンスホール・スタイルの人気が広まり、イエローマンをはじめとするDJが続々と登場。

 ダンスホールは1970年代末のアメリカのヒップホップの誕生をうながし、その後につづく実験的なダンス・ミュージックの音作りにも欠かせない手法となった。

 一方、グレゴリー・アイザックス、ジャネット・ケイらのラブ・ソングを中心にした甘美なレゲエも人気が高く、こちらはラバーズ/シンガーとよばれている。

 1990年代のレゲエの人気アーティストには、シャインヘッド、シャバ・ランクス、ブジュ・バンタン、マキシ・プリースト、ダイアナ・キングなどがいる。

 また、アメリカのビッグ・マウンテン、アフリカのアルファ・ブロンディ、ブラジルのスカンキ、スウェーデンのエース・オブ・ベースなども活躍しており、今では世界各地でレゲエが演奏されている。


ジャマイカ個人旅行HOME

Copyright(C) 2009〜
ジャマイカ個人旅行情報

旅知識:レゲエ(2)-キングストン(2)