ダウンタウン-モンテゴベイ(1)
ジャマイカ写真
ダウンタウン


 ダウンタウンの中心はサム・シャープ・スクエアSam Sharpe Squere。広場には1804年に建てられたレンガ造りの牢獄があり、当時はプランテーションから逃亡した奴隷を留置するのに使われていたという。現在は観光案内所になっている。

 この広場の名前は、1831年「クリスマスの反乱」を指揮してジャマイカの奴隷解放運動を起こし、ここで絞首刑になったサミュエル・シャープから付けられた。

 ダウンタウンのクレバー通りClaver St.とチャーチ通りChurch St.の角には、セント・ジェームス・パリッシュ教会St.James Parish Churchがある。1775年〜82年にかけて建造された英国国教会の教会で、1957年の地震でかなりダメージを受けたものの、その後見事に修復されて、もとの美しいたたづまいを見せている。ジャマイカで最もすばらしい教会といわれていて、特にギリシャ風の十字架が特徴になっている。

 また、ダウンタウンのみどころのひとつがクラフトマーケット。小さな小屋風の店がぎっしりと軒を連ね、ストロー製品、木彫り、Tシャツ、アクセサリーなど、ジャマイカの民芸品なら何でも売っている。ただし、かなりふっかけてくるので、値段交渉は必須。

ジャマイカ写真



ジャマイカ個人旅行HOME

Copyright(C) 2009〜
ジャマイカ個人旅行情報

ダウンタウン-モンテゴベイ(1)