ローズ・ホール・グレート・ハウス-モンテゴベイ(2)
ジャマイカ写真
ローズ・ホール・グレート・ハウス


 約2万6500平方qもあったローズ・ホール・プランテーションの敷地に残る壮麗な白い館で、ジャマイカのグレート・ハウスのなかでも特に見ごたえがある。

 1770年にこの地の総督として赴任したジョン・パーマーによって建てられたもので、帆船のバラスト(重石)を外壁に使い、10部屋ある館の内部には、マホガニー製の家具や贅沢な調度品がたくさん。

 またローズ・ホール・グレート・ハウスの幽霊の伝説も有名。18歳のときにアイルランドから嫁いできたブードゥー教の黒魔術を使うアニーが3年後に夫を毒殺し、2番目、3番目の夫も次々に殺し、それでも飽き足らずに、浮気相手の黒人奴隷たちもアニーの犠牲になったという。アニーは奴隷たちの手で1831年に殺されたが、今でもホワイト・ウィッチとよばれる幽霊となって現れるのだそうだ。

住所:Rose Hall
営業時間:9:00〜17:15 無休
入場料:US$15
館内はガイド付のツアーで回ることとなる。


ジャマイカ個人旅行HOME

Copyright(C) 2009〜
ジャマイカ個人旅行情報

ローズ・ホール・グレート・ハウス-モンテゴベイ(2)