英語じゃない!?-ジャマイカ旅のあれこれ
ジャマイカ写真
英語じゃない!?


 英語が公用語だが、住民の多くはアフリカ系諸言語、スペイン語、フランス語などをとりこんだパトワ語を話す。
 ジャマイカは英語の国だと思い込んでやってきた私。初日から、「私はこんなに英語ができなかっただろうか??」と驚き、かなり凹みました。

 が、実際、まったく英語とは違うといっても過言ではないので、わからなくて当然。

 とはいえ、ほとんどの人が英語を話せる、もしくは理解できるので、大体のことは英語でも通じる。ただし、道を聞いても、相手の話す英語がかなりなまっていて、聞き取るのに苦労したり、ということは日常茶飯事。普通の英語ですら、たいして話せない私、その上、ずっとスペイン語圏にいたので、スペイン語がなかなか抜けず、言葉にはかなり苦戦しました。ホテルなどではみんな普通の英語で話してくれるので問題ないと思いますが、ジャマイカン英語も覚えるとさらに楽しい旅になるかも。


ジャマイカ個人旅行HOME

Copyright(C) 2009〜
ジャマイカ個人旅行情報

英語じゃない!?-ジャマイカ旅のあれこれ